Chiharu Kuronuma Teruki Okamoto

Chiharu Kuronuma, Teruki Okamoto

Chiharu Kuronuma

Choreographer, Dancer, Calligrapher

After receiving a diploma in Contemporary Dance from Trinity Laban Conservatoire (UK), performed and conducted workshops in East and Southeast Asia, Additionally, appeared in Japan as a performer in commercials, and both performed in and choreographed music videos. Officially licensed to teach calligraphy and working as Calligrapher as well. Since 2014, she established “ Dots x Lines Project” which she developed a theoretical framework for integrating calligraphy into a dance by embodying aspects of the Laban Movement Analysis, and performs.

Flow / Gravity (点 x 線 | Dots x Lines) in choreography research project with Teruki Okamoto “I/O”

WEB: https://www.chiharukuronuma.com
Twitter: @Haru_Kuro59
Instagram: @chiharu.kuronuma.59

Teruki Okamoto

Media Performance Artist

 International Juggling Competition Junior 3rd.He focuses not on Juggling technique itself, but on the perspective formed through Juggling. And he has produced the works about “Connection between stuffs, world, and human’s body” “A part of empties/ Coordinated Distance“in choreography research project with Chiharu Kuronuma “I/O”

WEB: https://www.terukiokamoto.com
Twitter: @llllki
Instagram: @terukiokamoto

黒沼千春, 岡本晃樹

黒沼千春

振付家・ダンサー・書道家

バレエやジャズダンスを経て、英国のトリニティラバンにてコンテンポラリーダンスのディプロマを取得。帰国後は、東アジア、東南アジアでパフォーマンス、ワークショップを行い、海外フェスティバルの参加をしつつ、国内ではCMの出演や、ミュージックビデオの振付や出演を行う。書道では師範免許と教授免許を保持しており、映画やミュージックビデオのタイトル、企業ロゴなどの依頼や、グループ展の企画・出展を行う。2014年より点 x 線プロジェクトを立ち上げ、ラバン身体動作理論を基に書道とダンスの融合作品を制作・発表している。

Flow / Gravity (点 x 線 | Dots x Lines)  (岡本晃樹とともに振付リサーチプロジェクト I/Oにて、エディンバラフリンジにて上演)

 

岡本晃樹

メディアパフォーマンスアーティスト

ジャグリング国際大会ジュニア部門3位受賞。国内外での出演多数。現在はジャグリングの技術それ自体ではなく、ジャグリングという視点から見た「人ともの・世界との関わり」に注目している。体もものも等価に「かたち」であり、ジャグリングは抽象化された「エネルギーの動き」である、と言ったジャグリング経験から培った独自の理論を構築。それを映像技術を使って可視化する作品を制作している。

A part of empties/ Coordinated Distance (黒沼千春とともに振付リサーチプロジェクト I/Oにて、エディンバラフリンジにて上演)

Scroll to Top