tarinainanika

tarinainanika

tarinainanika is an international theatre company specialising in Corporeal Mime. Directors Kentaro Suyama and Tania Coke trained in London with Steven Wasson and Corinne Soum (last assistants of the founder of Corporeal Mime, Etienne Decroux) and were long-time members of their company, Theatre de l’Ange Fou. In 2010 Kentaro and Tania moved to Tokyo where they set up tarinainanika with the aim of developing Corporeal Mime in Japan through teaching and creating. In 2019 they relocated to Osaka where they renovated an old carpet warehouse. From their base at the Flying Carpet Factory they run the company as well as a school offering full-time training in Corporeal Mime. Despite the British connection this is their first time to participate in the Edinburgh Fringe. To make up for it, they are presenting not one but TWO of their pieces at the Fringe: Tokyo Fugue and The Same Boat. The company is excited to be sharing their work through this fantastic platform and looking forward to connecting with other performers, artists and theatre-lovers from the UK and across the globe.

tarinainanika(タリナイナニカ)

20世紀フランス演劇界の巨匠エティエンヌ・ドゥクルーが構築した役者の身体芸術〈コーポリアルマイム〉を専門とするシアターユニット。主宰の巣山賢太郎とタニア・コークは長年ロンドンでコーポリアルマイム劇団に所属し、ドゥクルーの最後のアシスタントを務めたスティーヴン・ワッソン氏とコリン・スウム氏に師事。2011年にtarinainanikaシアターユニットを結成。コーポリアルマイムを継承する第三世代のアーティストとして、クリエーションとエデュケーションを軸に国内外で活動を展開している。身体性を重視した舞台作品やジャンルを超えたコラボレーション作品に積極的に携わり、従来の演劇の枠組みを押し広げるフィジカルシアターを開拓している。2020年からは大阪市東成区のアトリエFLYING CARPET FACTORYにおいて〈コーポリアルマイム舞台芸術学校〉を運営しており、フィジカルシアターを専門とする未来のアクター・クリエイターを育むカリキュラムを提供している。

Join the talk event online at 1pm (UK) 26 August. Find the details from the following link.

26日21時(日本時間)からオンライントークイベントに出演します。詳しくは下記のリンクをご覧ください。

About Tokyo Fugue

A mesmerising piece of physical theatre, set in the maze-like train system of Tokyo. The scenes unfold like the variations of a fugue, in sequences of meticulously crafted movement. With three bodies and three chairs the piece conjures up the dizzying experience of life in a modern metropolis. The audience is left breathless and wondering: what is it, after all, that I am chasing? At times poetic, at times comical, at times unsettling, this is theatre that speaks to the soul.

Directed by Kentaro Suyama and Tania Coke

Performed by Kentaro Suyama, Tania Coke and Toshihiko Nishimura

Tokyo Fugueについて

現代の東京を背景に、メトロポリスの中で自分を見失ってゆく者の昏迷と逃避を描いたフィジカルシアター作品。東京の路線図と複雑に絡み合う楽曲形式フーガの旋律を重ね合わせ、「模倣」「反復」「逆行」などの技巧を用いて、MCエッシャーのだまし絵やルイス・キャロルのナンセンス文学を想起させるシーンが展開される。カラダでドラマを演じるコーポリアルマイムの身体性を軸に、日・英のセリフと映像をコラージュして紡いだフィジカルポエトリー。

演出:巣山賢太郎 タニア・コーク

出演:巣山賢太郎 タニア・コーク 西村俊彦

About The Same Boat

New physical drama that weaves together the longings and fears of five characters: a witch, a bitch, a goldfish, a sleepwalker and a salaryman. Their worlds collapse and collide to reveal a picture of the particular and universal condition of being human. It’s a rollercoaster-ride of a piece, containing moments of beauty, comedy, surrealism, pathos and passion.

Directed by Kentaro Suyama and Tania Coke

Performed by Nozomi Fujishima, Ryuta Kawai, Yukiko Masui, Kate Montgomery and Yukio Todo

The Same Boatについて

2021年大大阪舞台博覧会でご好評いただいたコーポリアルマイム作品「椅子とコート」を大胆に発展させた2021年新作公演。戯曲から解かれた役者たちがディバイジングを用いてゼロから自らの葛藤を紡いだフィジカルシアター。個々の実生活における葛藤の断片から人間の根源的なドラマが浮き彫りになる。

“We are all in the same boat…”(みんな同じ船に乗っている…)

演出:巣山賢太郎 タニア・コーク

出演:河合隆汰 増井友紀子 ケイト・モンゴメリ 藤堂幸男 藤島望

Scroll to Top